二重整形することを私がを決意するまで

自分が一重だということを気にし始めたのは中学生の時でした。

好きな男子生徒がいたのですが、彼が好きな女子は学年で一番かわいかった子だったのです。

その子は自分と違って、くっきり二重でぱっちりした目をしていました。

反対に私は瞼の脂肪が多くて重たい一重だったので、どう足掻いても彼女には敵いませんでした。

それでも諦められずにアイテープを使用して二重をつくりましたが不自然になってしまって、友人からは変だと指摘されてすぐに使うのをやめました。

アイプチならどうだろうかと試してみたら、どうにか二重になりますしアイテープよりは自然な仕上がりになりますが重たい一重だからなのか、すぐに剥がれてしまいました。

水に濡れると落ちてしまうのでプールの授業には出ることができませんし、汗でも落ちてしまうのでマメに鏡で確認しながら毎日を過ごしていました。

しかし毎日毎日アイプチをしていたら、だんだん瞼が下がっていっていることに気が付きました。

最初は気のせいかと思ったのですが、日が経つとアイプチをする前よりも重たい瞼になっていたのです。

けれど私はアイプチをするようになってからモテ始めたので、今更やめるわけにはいかずに使用を続けてしまいました。

結局その後、あんまりにも瞼が下がってしまったので親に注意されて、形成外科に相談しに行きました。

アイプチを使用しすぎて瞼が伸びきってしまっているので、切開して脂肪といっしょにとりましょうという先生のススメで二重切開法の手術を受けました。

毎日アイプチをしなくてすみますし、とれる心配もありません。

あの重たい瞼がすっきりした綺麗な二重になったのでとても満足しています。

なので私は二重にしたいなら、アイプチやアイテープを使用するより二重整形をオススメします。

二重まぶたにする方法.net

果てしない二重まぶたへの憧れ。

悲しいかな、脂肪たっぷり、まぶた厚めの一重だった私。それに気づいて不満に思い始めたのは、小学生高学年の頃だったと思います。

確かに、よく「眠いの?」「起きてる?」と元々タレ目であることも手伝ってか、からかわれることも多かったです。

目が二重になれば、自分も可愛くなり。もう起きてる?なんてからかわれることもない!と信じ込んだ私は二重になる方法を必死に探し始めました。

今ほど、二重にする方法は世の中には無かったので、せいぜい、セロテープを貼ってみるか、アイプチを使ってみるか、ひたすら自分で二重の跡をつけるために

線をなぞり続けるか・・・、今考えると涙ぐましい努力をしていました(笑)

さて、どうなったか??今現在は奥二重です。長年の癖付けが実を結んだのでしょう。でも、きっと、よくよく見ないとわからないくらいの奥二重です。

たぶん、周りの人は気づいてないんですよね、前と一緒。でも、私自身の気持ちが違うんです。

私が使った二重になる方法は、まぶたへの負担があまりに大きく、皮膚のかぶれや炎症、まぶたのたるみを引き起こすことも自分が続けたことで実感しました。

今はもう絶対やることはないですね。

今の若い子たちの二重にする方法を動画などで時々見ることがありますが、「いい商品が出たな~、うらやましいな~」って思う反面、

「大変だな、元々のお顔がもったいないな」なんてことも考えたりします。

本当は一重でも二重でも自分の顔を大事にできる世の中だといいんですけどね。

一重まぶたは絶対イヤだ!

わたしは、よく「暗い」と言われています。

自分ではよくわからなかったんだけど、同じクラスの男子に相談したら「その目つきじゃない?」と言われたんです。正直でストレートな言葉に少し落ち込みました。

わたし、目が一重なんです。父も母も一重まぶた。だから遺伝なんでしょうかね。

二重まぶたにする手術も、考えています。でも、悩んでいるんです。だって、わたしが二重まぶたに手術をしても、結婚して子どもを産んだら一重まぶただったことが、ばれちゃうでしょ。それに、失敗するのも少し怖い。

でも医学的にも美容技術も進歩しているだろうし。値段も安くプチ整形で簡単にできるみたいだから。いま、思い切って二重整形をしようかと思っています。でも、まだ親には言えない。

ずっと一重でいた母親のことも考えると、どうなんだろう、って考えるんです。どう話せばいいのか。

韓国は、親が整形を認めているって話も聞いたことがあるし。国によって様々なのね。私も二重整形にしたら、子どもが一重だったら進めるかな。一重まぶたで、顔が暗いとか見かけでイメージを作られちゃうんだもん。

二重整形をするか決める前に、クリニックで相談してみようと思っています。それと、母親にも勇気を出して話そうと思ってます。

二重まぶたになって人生を変えたい!OUTDOOR SPORTS PARK